22307327
1: 名無しさんがお送りします 2022/02/21(月) 17:42:45.38 ID:Sa7cH/kn0● BE:784885787-PLT(16000).net

小室圭さん「2月の司法試験」万が一不合格でも「経済的な問題なし」裏シナリオ

 小室圭さん(30)が米ニューヨーク州の司法試験に再び挑む。試験は2月22・23日と2日にわたって行われ、
1日目が論文試験、2日目がマークシート方式の試験となる。配点は50%ずつで、両日共に6時間ずつの長丁場だ。

 毎年2月と7月に行われるこの試験は、7月の合格率の方が高い。小室圭さんが受けた
2021年7月の試験の合格率が約63%だったのに対し、同じ年の2月の場合は約49%だった。
ロースクールを5月に卒業し、2か月にわたってじっくり勉強して臨める7月試験と、
何らかの仕事を抱えながら受験することになる2月試験とでは、合格率におのずと差が出るというわけだ。

「400点のうち266点を取れば合格で、そこまで難関には見えないかもしれませんが、
限られた時間でテキパキと課題を処理することを求められるので、英語を母国語としない人たちにとってはなかなかハードルが高い。
実際、去年7月試験の外国人受験生の合格率は30%程度にとどまっています」(ニューヨーク州司法試験に詳しい弁護士)

 小室圭さんが挑む壁は決して低くはなく、楽観視はできない。

「万が一、圭さんが不合格になった場合、ロークラーク(法律事務)として勤務する法律事務所『ローウェンスタイン・サンドラー』に
そのまま居続けられるかは不明瞭になります。厳しい業界ゆえに資格がないと解雇という可能性もあるかもしれません。
眞子さんに1億円ともいわれる預金があるとはいえ、世界で最も物価の高いニューヨークでそれなりのレベルを
維持して生活していくのには少々心もとない額ですし、そもそも貯金を切り崩して生活することになれば、
周囲から心配の声もやまないでしょう」(皇室ジャーナリスト)
小室圭さんにはビザの問題も

 お金の問題に加えて、小室圭さんにはビザの問題も立ちはだかっているという。

「アメリカの大学や大学院を卒業後、そのまま滞在して企業で働くことができるOPT(オプショナル・プラクティカル・トレーニング)という制度があり、
圭さんは学生ビザのまま、これを利用しているものと見られます。問題はこの期限が遅くとも7月ごろにはやってくること。
それまでに就労ビザの取得など、何らかの手立てを講じない限りアメリカに居られなくなるわけです」(同前)

 アメリカで法律を学んできた小室さんのことだから、ビザのことを計算していないことはあり得ないが、
「とにかく日本を離れたい」という眞子さんの願いを叶えるべく新天地に向かった2人にとって、ままならぬことが多いのも偽らざる事実だろう。

176: 名無しさんがお送りします 2022/02/21(月) 18:27:28.33 ID:ojLePaoe0.net
>>1
答え覚えていけばいける

195: 名無しさんがお送りします 2022/02/21(月) 18:31:12.45 ID:twVDf7430.net
>>1
>ご夫婦の未来は明るい」

意味分からんw

225: 名無しさんがお送りします 2022/02/21(月) 18:36:14.80 ID:Bx+i7jQl0.net
>>1
合格して安泰になれば
マスコミもつまらないとばかりに取り上げる機会も減るだろう。
正直この話題はあまり見たくないのでもう沈静化して欲しい。

239: 名無しさんがお送りします 2022/02/21(月) 18:40:15.82 ID:RwkGX4S80.net
>>225
合格すると企業買収やるらしいから他の事務所が
一斉に「ウチの事務所は日本の皇族弁護士相手に
こんな有利な条件で交渉まとめました!」
と宣伝するためにフルボッコ確定だぞ

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1645432965/