1:2020/07/03(金) 05:11:35
新型コロナウイルスの初症例が確認された中国・武漢市で、新たなスキャンダルが発生した。3055億円相当の融資の担保に、偽造された83トンもの金地金が充てられていたことが判明し、湖北省が捜査を開始しているという。

スキャンダルの震源は米Nazdaq証券取引所にも上場している、金加工業大手の「武漢金凰珠宝」(Wuhan Kingold Jewelry)。中国経済メディア「財新」がこの事件の詳細を調査、報道した。

金の偽造問題が発覚したきっかけは、2月に債権者であったDongguan Trustが、金凰の債務不履行を精算するために、担保であった金を確認したことだった。ところが、そこにあったのは純金ではなく、「金メッキを施された銅」だということが判明した。この事実は他の債権者にも衝撃を与え、金凰最大の債権者の一つ、中国民生信托は、金凰の債務返済期限前に担保検査を求めた裁判所命令を入手。5月22日、検査の結果、民生信托に保管されていた「金」の延棒も銅の合金だったことが明らかになった。

https://coinpost.jp/amp/?p=163991

no title

2:2020/07/03(金) 05:11:42
ファーwwwwwwwwwwwww

3:2020/07/03(金) 05:11:51
やっぱ父さんすげえや

4:2020/07/03(金) 05:12:02
>>3

5:2020/07/03(金) 05:12:42
これはアカンやつや

6:2020/07/03(金) 05:12:50
ギャグみたいな国だな