no title
1:2018/11/20(火) 02:08:06.24 ID:PoFJ7nkM0HAPPY.net
日産「あ、あぁ~ッ!」

ゴーン「はい、今月の給料は終わり。お疲れさまでした」

日産「うぅ……あ、ありがとうございました……」

数週間前、念願の日産に就職したのだが、『グローバルマーケットで英語を喋れない日本人を野放しにすると会社が倒産するのでは』
という懸念の声があり、結果、ゴーンちゃんが定期的に日産の予算からコストをカットカットしてくれるようになった。しかしゴーンちゃんはなんだか 日産のことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にコストコストカットカットして、社員のお給料ヒクイヒクイなのだった。

日産「トホホ……ゴーンちゃん優秀なのにお給料はヒクイヒクイなんだから……あーあ、どうにかしてゴーンちゃんのコストカットをやさしくて気持ちいものにしてもらえないかな~、ん?」

深夜なのにゴーンちゃんの部屋から明かりが漏れている。

2:2018/11/20(火) 02:08:28.87 ID:PoFJ7nkM0HAPPY.net
ゴーン「よいしょ……よいしょ……」

ワイ(ち、ゴーンちゃんが、自分の役員報酬を虚偽申告をしている!?)

ゴーン「ふぅ……こんなものですかね……。もっと役員報酬もらえるように頑張らないと……」

日産「ゴーンちゃーん!」 バターンッ!

ゴーン「ひゃあッ!?」

日産「ゴ、ゴーンちゃーん! ごめんよーッ! ゴーンちゃんは毎日自分のためにコストカットの練習してたのに日産はそんなことも知らずに……ッ!
  ハフッ!ハフッ! ゴーンちゃんの湯上りふともも汚職の匂い!」

4:2018/11/20(火) 02:08:55.10 ID:PoFJ7nkM0HAPPY.net
ゴーン「ど、ドサクサにまぎれて匂いを嗅がないでください!」

日産「ご、ごめんねゴーンちゃん……!」

ゴーン「べ、別に、役員報酬虚偽申告するくらい普通です……。それが私のお仕事なんですから……。それに、私は下手で、あんまり会社がよくなってもらえないから」

日産「そ、そんなことないよ! ゴーンちゃんのその気持ちだけで日産社員はブチギレだよ!! あっ、そ、そうだ! ゴーンちゃんおてて出して!

ゴーン「こ、こうですか?」

日産「そう! それじゃあ今から逮捕するからね! ゴーンちゃんのやわらかおててに手錠するからね! ちゃんと受け止めてね!」

ゴーン「えっ、えっ?」

日産「ウオーッ! ゴーン! ぷにぷにおててに出すぞ!」カチャカチャーッ!

ゴーン「ひゃあッ!」カチャーッ