neko_oyako
ある日、「ブラッシングしてあげたい」と猫保護施設にマイブラシを持ってボランティアに現れた75歳のおじいさん。今では毎日全ての猫たちをブラッシングし、ほぼ毎日、途中で居眠りしてしまう。しかし、その居眠りも猫たちとの大事な交流になっており、猫も職員も歓迎しているそうな。 理想の老後だ。 pic.twitter.com/mLkbIcdCCG
@podoron 実はこのお爺さんも猫なのではないか。
@podoron @hitomitoguri おじさまがおしゃれ👓
猫さん達もよく懐いてるみたいですね🐈
他サイトのおすすめリンク