saifu
1: 名無しさんがお送りします 2018/09/21(金) 10:32:08.91 ID:CwMrudfE0● BE:512899213-PLT(27000).net
お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指すこの連載。今回は田町りょう子さん(仮名・32歳 ・IT関連会社勤務)からの相談です。
「結婚します。子供ができるまでは共働きする予定です。そのあとのことはまだ考えていませんが、私が働けなくなる場合もあると思っています。共働きの間は、
お互いに生活費をひとつの通帳に同額入れて、家計をやりくりしていこうと思っています。残った分は、お互いのお小遣いというわけです。
でも、旦那さんの給与だけで家計を賄うことになった場合のことが心配です。旦那さんのお小遣いはいくらにすればいいんでしょうか」
家計を預かるって、仕事と同じくらい責任重大。悩んでしまいそうですよね。旦那さんのお小遣いは、どのように決めたらいいのでしょうか。
さっそく、森井じゅんさんにお答えいただきましょう。
夫の小遣いの一般的な相場はいくらですか?
相談者さんは、結婚後のお金の管理についてはある程度決まっていて、子供ができた後の家計の管理方法について検討していらっしゃるようですね。
妻がお金の管理をして、夫にお小遣いを渡す、という形を想定されているようです。
日本の家庭で多くみられる「夫のお小遣い制」は、お給料の手取り全てを家庭に入れ、その中から自由に使えるお金、いわゆる「お小遣い」を分ける、
というものです。相談者さんは、「夫のお小遣いをいくらに?」とおっしゃっていますので、ここでは、相談者さんが夫の収入の全てを妻が管理する形を想定します。

一般的な相場について、新生銀行の「2018年 サラリーマンのお小遣い調査」の結果を参考にしてみましょう。男性会社員全体のお小遣いの平均は3万9,836円
という調査結果となっていますが、既婚や未婚、子供の有無、妻の就業状況等で、その数字は変わってきます。
例えば、既婚で子供のいる男性会社員のうち、妻が働いていないケースのお小遣い額の平均は3万5,664円となっています。
相談者さんは子供ができたあと、夫の収入一本になった後のことを考えていらっしゃるので、後者がお知りになりたい数字でしょうか。相談等でお聞きする話の中では、手取りの1割、といった数字が多いようです。
また、どれくらいの家庭がお小遣い制にしているか、という調査は複数あり、その数字は4割から6割となっているようです。

http://news.livedoor.com/article/detail/15306560/

2: 名無しさんがお送りします 2018/09/21(金) 10:32:56.14 ID:liXE5jFG0.net
お前が働け

3: 名無しさんがお送りします 2018/09/21(金) 10:33:11.60 ID:9MQzx/z20.net
手取りの13%

28: 名無しさんがお送りします 2018/09/21(金) 10:52:54.17 ID:4j+pBSyf0.net
>>3
妙に納得

56: 名無しさんがお送りします 2018/09/21(金) 11:22:55.69 ID:pkMVhJeh0.net
>>3
一緒だ

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537493528/

おすすめ!