no title
1:2017/12/11(月) 02:18:43.77 ID:FFHdu9y7a.net
1959年2月2日
これはディアトロフ峠事件と呼ばれロシアで起こった謎の事件である

当時者は9人でオトルテン山に上った全員が謎の死を遂げたのだった

最初は10人で雪山に登る計画だったが、1人が途中で棄権をし、9人で山に登ることになった

このとき途中棄権をした人物の名前はユーリー・ユーディンである

3:2017/12/11(月) 02:19:05.26 ID:FFHdu9y7a.net
9人は猛吹雪の中、順調に山に登っていった

しかし予定下山日の2月12日を過ぎた後もなにも連絡がなく誰一人として山から下山してくる者がいなかったために捜索願いが出され、救助隊が出動したのだ

2月21日から救助隊が捜索活動を開始し、26日には泊まっていたであろうテントを発見したのだが人は見つからなかった

4:2017/12/11(月) 02:19:32.86 ID:BtV4hWLd0.net
ほんほん

5:2017/12/11(月) 02:19:37.48 ID:FFHdu9y7a.net
しかしその周辺部から次々と見るも無惨な姿で発見されることになる

最終的に二ヶ月半かけて9人を見る事ができたが全員が命を失った姿で山を降りることになったのだ

その遺体を検視してみたところ、
首の骨を折られていた、舌を切られていた、放射能物質が検出された、頭部が潰れていた

など惨い死に方をしていたことから
非常に凶悪な犯罪に巻き込まれたかに思え、国民たちは震え上がった

7:2017/12/11(月) 02:20:07.87 ID:FFHdu9y7a.net
この事件を雪山登山のリーダー格であったイーゴリ・アレクセーエヴィチ・ディアトロフ の名前からディアトロフ峠事件と呼ばれることになったのだ

凶悪な事件に震え上がったのだが一切の具体的な証拠が上がらなかったために原因が全く解らなかったのだ

当時は事件のことは解らないことが多くミステリーに包まれていたのだ

6:2017/12/11(月) 02:19:39.36 ID:qtgzp1SW0.net
ひえぇ

おすすめ!