1:2016/12/21(水) 16:31:39.13 ID:TnYyaD680.net
ランボルギーニは12月19日、フラッグシップの次世代モデル、「アヴェンタドールS」を発表した。


搭載される6.5リッターV12エンジンの出力は、従来型となるアヴェンタドールLP700-4の700psから740psに引き上げられた。
最大トルクは690Nmで、トランスミッションは従来型同様に7速ISR(インディペンデント・シフティングロッド)とよぶ自動MTを組み合わせ、4輪を駆動。
乾燥重量を1575kgとしたボディを、停止から100km/hまで2.9秒、最高速350km/hにまで導くという。なお、V12エンジンはアイドリングストップ機構と気筒休止機能が搭載された点も大きな特徴である。

外観ではフロントおよびリアのデザインが改められた。リアウイングは角度を3段階に調整可能なアクティブリアウイングを採用。デザイン変更により、フロントのダウンフォースは130%増加している。

「エコ」ならぬ「エゴ」モード搭載! ランボルギーニが改良新型「アヴェンタドールS」を発表
http://levolant-boost.com/2016/12/21/28644/

no title

no title

2:2016/12/21(水) 16:42:22.75 ID:Kd1yibbs0.net
早速10台予約した

4:2016/12/21(水) 16:43:35.13 ID:Q/hkCZEr0.net
>>1
>気筒休止機能が搭載された点も大きな特徴である。

ランボには昔から搭載されていたような・・・・

16:2016/12/21(水) 16:56:02.72 ID:U4QQZTOb0.net
>>4
悪い意味でな

19:2016/12/21(水) 16:59:41.89 ID:O8C1fmgg0.net
>>4
休止というより急死が正しい

20:2016/12/21(水) 17:00:59.71 ID:WLKdvKhS0.net
>>4
ミウラの頃からのお家芸ですな

26:2016/12/21(水) 17:08:54.20 ID:7ekk4zI1O.net
>>4
ワロタ

おすすめ!