別現場の後輩君からメール

・客先インフラ「セキュリティ対策の一環として、社内に罠メールを流して、開けちゃった率を確認するで!」
・客先インフラ「無論これは訓練やから、事前通知なしで実施やで!」
・客先インフラ「ちなみに開くと、偽の『システムエラー』が出るで!」

→客先大混乱
(1)全社内ネットワーク対象でメールしたため、出入りしてる外部業者にもメール届く
(2)標的型メールを装っているので『TO:客先アドレス
タイトル:【緊急】現在実施案件に関する重要事項』とか書いてあって
ほぼ100%開かれる
(3)エラー画面が出てビックリ、社内問い合わせ殺到
あわてて客先インフラ部が「さっきのは実はセキュリティ訓練の一環で…」
みたいなメールを送ろうとするも、今度は「これもウィルスかもしれない」「とりあえず端末をネットワークから外そう」「しばらくメールは開くな」などの情報が錯そうし、全然情報の上意下達が行えず、被害が広がる。

スポンサードリンク


おすすめ!