1: トラースキック(大阪府)@\(^o^)/ 2014/04/22(火) 10:36:39.36 ID:pqEw7lVU0.net BE:151728184-PLT(13121) ポイント特典
 多数の死者・安否不明者を出した韓国の旅客船セウォル号の沈没事故をめぐり、5年前に日本で起きた横転事故との比較が韓国で注目されている。
乗客数は大きく異なるが、共通点も多いからだ。日本での死者はゼロ。二つの事故からくむべき教訓は何か。

 フェリーありあけ号の事故は2009年11月、三重県沖の熊野灘で発生。運輸安全委員会の報告書によると、航行中に高波を受けて船体が傾き、コンテナを固定していたチェーンが破断するなどして荷崩れした。最終的に横倒しになった。座礁したため沈没は免れた。

 ただ、乗客7人と乗員21人は全員無事だった。閑散期で乗客が少なかったことに加え、船が大きく傾いた約35分後、船長が乗客を船内最上部に誘導するよう指示したことが奏功した。船長らは船に残り、最後は海に飛び込んで救助された。運輸安全委は「積み荷を効果的に固定していなかった」と指摘しつつ、「船長が指揮する態勢ができており、非常時の対応が組織的に行われた」と事故後の対応は評価した。

 セウォル号とありあけ号は同じ日本の造船所で建造され、2隻はかつて同じ運航会社に所属するフェリーだった。韓国紙は船の規模や傾き方が似た事例として取り上げ、死者が出なかったことを強調した。

 セウォル号の事故原因ははっきりしていないが、急旋回による荷崩れが転覆を招いたとの見方が有力だ。一部の現地メディアは、規定以上の積み荷を載せた「過積載」の疑いも指摘する。

 事故後、船長らが乗客に船内にとどまるよう指示を続けたことが被害を広げたという批判も強い。明らかになった管制センターとのやりとりによると、セウォル号は通報から約25分後、乗客を脱出させるよう求められたが、できなかった。

http://www.asahi.com/articles/ASG4P5K25G4PUHBI02M.html?iref=comtop_6_05

2: ヒップアタック(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/22(火) 10:38:25.75 ID:tEajQmHc0.net
こっち見んな

4: キチンシンク(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/04/22(火) 10:39:21.08 ID:95/iNfhB0.net
韓国フェリーの事故原因は過積載だろ。
過去の大事故全部そうだぞ。

日本の事故と比べるなよ。

5: リバースネックブリーカー(東京都)@\(^o^)/ 2014/04/22(火) 10:40:01.78 ID:8CcTdlRe0.net
>>1
今回は避難指示する時間もほとんどないから
船長が責められるのは可哀想

10: アイアンフィンガーフロムヘル(滋賀県)@\(^o^)/ 2014/04/22(火) 10:41:47.93 ID:okb6q7e30.net
>>5
十分過ぎるほどあったわけだが